ライブ配信の目的

ライブ配信の目的、これによって様々な機材の準備、企画、連携先なのわかってくると思います。もちろん自分自身がブログやSNSに趣味をアーカイブスしていくと言うだけであれば特に必要なものはないでしょう。

正直なところスマートフォンだけでも十分に映像を撮り溜めていくことができると思います。しかしながら、個人事業主として、ネット副業として仕事を請け負って行こうとするのであればスマートフォンだけでは厳しいでしょう。
もちろんのことながらスマートフォンを気にしてさまざまな周辺機器を購入することで十分にライブ配信に頼る環境を作ると事は可能です。

しかしながら、ライブ配信を行うにあたっては、オンデマンドで映像を編集するなどと同じく映像切り替え装置が必要であったり、テロップを入れるためのソフト、特殊な編集するためのパソコンなども必要になってくると思います。

実際には自分自身がどのような用途で映像を制作していくのか、これをあらかじめ決めることによって周辺の環境整えることが重要になってくるでしょう。

では、どのような用途があるのか考えていきたいと思います。今まであげてきたのは個人の趣味の範疇の配信であったり映像制作だと言えるでしょう。
次に、個人事業主としてそれも副業として趣味の範疇+ αで受ける場合です。この辺は簡単な車両もらうだけなので特殊なソフトを購入したり機材を特別準備すると言う事は過剰な設備になるかもしれません。

しかしながら、定期的に自分自身の映像制作によって収入を得ようと言う場合、ネット副業でもそれなりの収入が得られるような場合はそれなりの機材を準備する必要があります。パソコンもハイスペックなものが必要となってくると思いますし、さらに言えば、特殊なソフトまで必要になってくると言えるでしょう。

場合によっては企画まで受けることになるとすれば自分自身にノーハウが足りないとなればブレインとなる人物や企画をお願いする必要が出てくると思います。
ライブ配信については非常にネットワークのリスクも高く、相当な覚悟を持って請け負わなければなりません。中小企業や町内会、どのレベルであれプリティは大事です。正直なところ、映像そのものはハイクオリティーを求められないとしても、ライブの品質そのものはとわれることになりますので。

これからも、このようなニーズが非常に高くなると思いますので場合によっては自分自身がどの程度のレベルが必要か確認するべきだと思います。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました